2016年08月13日

シン・ゴジラ 感想

久々に更新。

シン・ゴジラをお盆に入る前に3回観た。
ネットの評判は賛否あり、Yahoo!のレビューでは評価が高い。
個人的に人の感想を読んで思うことは、自分が好きな作品が貶されていると逆上して、攻撃的な言い分はいかがなものかと…。そして、自分が納得していない作品の評価が高い意見が多いと、評価をあげている工作班的がいるような論調を言うのもおかしい。稀に映画観ないで良い感想を書いていると分かるものもあるが、それはどちらにもあることだろうと思っている。
楽しめなかった作品を悪く言うことは個人の感想としてはアリだと思っている。しかし、自分の意見とあわないからといって、違う意見の人に対して横暴な表現を使うのはご法度だろう。感想や意見は人それぞれあるのは当たり前、反射的に攻撃するのではなく、さらりと流すことを願いたい。ま、反射的に攻撃しているのはガキか自己中なんだろう。

前置きが長くなったが、ココからはネタバレ有の感想を…
シン・ゴジラはいつも通りの庵野作品だった。庵野らしい作品であるが故の欠点と長所が有り、個人的には長所が勝った作品であったと思う。
庵野作品の欠点とは、生身の人間を描くことに興味が無いことだろう。(もしくは描きたくないのか…。)おかげで、エヴァが終わらせれないのだろうとも思っているのだが…。
庵野ワールド全開の本作は、庵野ワールドを楽しめるかがポイントだろう。
エヴァ化したゴジラという感想を多く拝見するが、エヴァ自体が特撮のオマージュであり、それが元に戻ってきただけの話だと思う。
世代によってゴジラへの想いやイメージがあり、自分は東宝チャンピオン祭り世代なだけに、その時代のゴジラは子供だまし過ぎて好きではない。個人的に好きなゴジラ作品は1954の一作目である。
シン・ゴジラは一作目にあったテーマをうまく現代へと置き換えた映画だと想う。また、対象から女性や子供を排他した思い切った作品でもある。その辺は、東宝がよく許したなと関心する。
シン・ゴジラは民衆視点が無い異色な作品でもあり、官邸がメインとなっているだけに会議が多い作品でもある。取材をした政治家のもの良いが早口だったので、セリフもそれに合わせて早口となっている点は、今の分かりやすい作風に慣れていると間違いなく、嫌悪感しかないだろう。よくソーシャルネットワークを意識したもの言いを見かけるが、それは間違いである。
進化するゴジラという設定は過去の作風からすると、違和感しかないのかもしれないが、個人的には素晴らしいの一言だ。過去の作風と同じもしくは似たものを求めるのだろうか?ゴジラ映画が飽きられた要因でもあるのに…。同じものが観たいなら過去にやり切っており、個人的にはそれを観たいとは思っていない。だからこそ、王道を進みつつも新しいものへと昇華している本作を面白いと素直に思えた。
ゴジラとはなんだろうか?その作風で描かれ方は違う、しかし、根本は核が作った怪物であることは変わらない。過去の作品は水爆実験の産物という点は変わっていなかった、しかし、本作のゴジラは核廃棄物へと変わっている、そして人が手を加えたものだという点だろう。深読みだと思うが、個人的にはゴジラが現れた時期と博士が不明になった時期を考えると牧博士によって作られた?もしくは融合した生物と考えるのが妥当だろう。また、博士が日本への恨みを持っていた点とゴジラの行動を考えると納得為てしまうのだが…。
現代日本の自衛隊の総力を決して、第四形態になったゴジラと対峙するも足止めもできない。しかし、米軍の攻撃には流石のゴジラも手傷を追い、反撃にでる。反撃シーンはまさに、第六使徒そのものにしか観えない。そして、そこからの展開はまさしくヤシマ作戦そのものである。ま、エヴァと同じ展開にしたのは、それが至極当然な流れと思ったのだろうが、個人的には、もう少しエヴァと違った見せ方が欲しかった。
しかし、ヤシオリ作戦の後半は面白さが増している、ラストシーンにカタルシスを感じないということも分かるが、現存するものを使って、どうゴジラを倒すのかという点からすれば、最良のシーンと思える。
ヤシオリ作戦における、新幹線や在来線を使った特攻爆弾やゴジラを足止めするために、ゴジラのまわりにあるビルを破壊しまくるシーンは今までのゴジラ映画では無かった発想であり、ゴジラに壊されるだけの存在だったものを使った反撃シーンは胸が熱くなるシーンであった。
ラストゴジラは凍結され、ゴジラの凍結が溶ければ、即、核の雨が降ってくるという終わりになっている。いまだ終息しないフクイチや原発をイメージしているものだと分かる。そして、今の日本にはゴジラと同等のものが各地に存在していることを訴えている。
3.11以降の作品であるが故の外せないテーマもしっかりと描かれており、怪獣映画として上手く盛り込んでいると思った。
岡田斗司夫がニコ動の番組で怪獣映画としては95点、映画として65点と言っていた。個人的には賛同する点数付けだと思った。映画してはあまりにも不親切すぎる点が散見する。また、情報量が多すぎて、要点をかいつまむ事ができない人にとっては、全く面白さを感じないだろうと思う。

個人的には楽しめた作品なだけに時間があれば、後、数回は観に行く予定。
ただ人に奨めたいかと問われれば、お奨めしいない作品だが、観てほしい作品ではある。

Posted akei : 2016年08月13日 03:57 | 【cinema

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://afile.net/blog/mt-tb.cgi/3871